スノーボード チューンナップ 黒ずみ、変色 綺麗になります!でもなんでこんなにピカピカなのか?

 先週の日曜日にご来店されたお客様のスノーボードです。
 申し訳なさそうにずっと放置したままなんですが大丈夫ですかと聞かれました。
 もちろん大丈夫です!!
 
 

こんな感じにサビによる変色と黒ずみです。
あとエッジ際の白いケバ立ち(酸化)です。

おすすめのコースは何ですか?と聞かれて春スキーはあまりしないとの事でしたのでスタンダードコースとワックスフューチャー
をおすすめしました。

                                                                                                                                                                                                                                                                 ワックスを入れる前の状態です。

シーメンテのスキー・スノーボードにおける最大の武器は実はサンディングにあります。
本来サンディングをすると目に見えないマイクロファイバーのケバが多く立ってしまします。
MONTANAのサンディングマシンではこのマクロファイバーが極力立たない様になっています。
あとは職人の技術と企業秘密の工程でさらにワックスなしでこの様にピカピカになります。

このマイクロファイバーのケバがない事がチューンナップにおける最大の肝です。

だからシーメンテのチューンナップはピカピカになるのです!!

この後にワックスを塗布してワックスフューチャーを施工します。
(まだ施工してないので他のボードの画像です)

 ワックスする前の状態を見る事は殆どないと思いますがシーメンテではこの様に仕上がっています。
 自信があるからこその公開です。

 スキー・スノーボードのチューンナップは是非シーメンテまで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 13 =