スキーチューンナップ サビサビもこの通りピカピカに!!

 おはこんばんちは!!(分かる人だけわかる挨拶です)

 23日OPEN予定のスキー場がOPEN出来ずに延期になったとニュースになっていましたが・・・。
 スキー・スノーボードの季節がそこまで来ていますね。

 さて先日あるお客様が息子さんのスキーをチューンナップして欲しいとお持ち込みいただいたのですが、
 シーズンが終わってから滑走してそのまま物置に放置しておいたらしくサビサビになっていたようです。
 衣替えで物置を整理したところ、この状態のスキーを発見して心配になったらしく相談がてらお持ち込みという運びとなった様です。


 
 スキー板は高価ですから心配になりますよね。
 先ずは軽く板とビンディングンの状態をチェックします。
 板はエッジはサビサビ状態でエッジの際が酸化している、ソールには細かい傷が多数入っているが修理をするほどの深い傷はないので通常のチューナップで新品同様まで綺麗になるとお伝えしました。
 またビンディング方は少し酸化していましたがまだまだ劣化で割れてしまう程ではなかったのでまだまだ使えますよとお伝えしました。
 ただ使用後は必ず水分や汚れを拭き取ったりお手入れするようにはお伝えしました。

 

お持ち込みの場合には板、ビンディング、修理・リペア、チューンナップ、エッジなどについても相談出来るところがいいですよね。
 送料もかからないしどんなところでどんな機械でチューンナップしてるのかも実際に目することも出来ますしね。

 

  
 チューンナップコースについては息子さんが小さな大会にに参加されるといことでしたのでエキスパートコースとワックスフューチャーをお勧めさせて頂きしました。
 お引き取りということでしたので送料0円ですね。
 
 そしてチューンナップ後がこちらです!!

 まぁ何という事でしょう!!
 あんなにサビサビだったエッジがまるで新品のよう!!劇的ですね。
 ワックスフューチャー剥がし無しでこの状態ですから本当に新品同様です。

 お引き取りに来られたお客様に大変満足して頂きました。
 また大会前にワックスについて息子さんと相談に来ると仰って頂きました。
 またのご来店心よりお待ちしております!!

 スキー・スノーボードのチューナップ、修理・リペア、ワックスのご相談は是非シーメンテまで!

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 9 =